画像をアップロード

資金繰り・倒産防止はお任せください!

10年間で700件以上の事業再生・経営改善の実績を持つ事業パートナーが、経営・資金繰りに苦しむ経営者様を救います。

不渡りになれば全てが終わると思い込んでいませんか?
倒産の仕組みを知れば、怖くありません。
事業再生の内容・事例、流れをご説明致します。

なぜ?崖っぷちの企業を、1社も再生に失敗することなく救済できたのか

弊社にご相談される経営者の99%は2か月以内に倒産の危機を迎えている方です。
それにもかかわらず、弊社がこれまで事業再生を請け負った350社以上の企業は、1社も再生に失敗することなく、全ての経営者を救済してきたという実績を積み上げてきました。
なぜこんなことが可能なのでしょうか?

「倒産」という言葉は、思った以上に経営者に重くのしかかります。資金繰りに困窮し、切羽詰まった状態になると、経営者は冷静な経営判断も出来ない状態で来社されます。

昨今の事業再生は、いかに傷を小さく事業を清算するかのように思われています。しかし、本来の事業再生は、会社をつぶし、経営者の人生を更地にしてしまうことではありません。
文字通り、事業を立て直し、再生させることです。 弊社の事業再生は、他社の行っている事業再生とは手法が異なっています。大きく傾いた屋台骨を、正常に戻し、息を吹き返させるには大変な手間とリスクが伴います。

一般的な事業再生企業は、この大事業を避け、収益性が低く手間のかかる再生案件の場合は、会社を清算方向へ誘導します。

弊社では、事業内容の徹底的な再構築を敢えて行い、黒字化企業になるための大改革を行ないます。 時には大ナタを振るうこともあります。しかし、私たちはその手間を惜しまず、必ず再生させてみせるという信念のもとに働いています。

それが、顧問先の再生を1社も失敗せず、すべての経営者を救ってきたという実績に表れているのです。

会社倒産へのプロセス

多くの中小企業経営者は、商売人ではあるが、プロの経営者とは言えない場合が多いのではないでしょうか。その主たる原因は、多くの経営者が論理的計画に基づいて事業経営の整理が出来ないことにあります。

経営が行き詰まってきた商売人が、会社の建て直しが出来なくて倒産に至る過程は以下のようなプロセスになります。

複数の事業を行っている企業の経営状況が悪化
その場合、経営者は事業ごとにどのような改善施策を行なうかを検討する必要があるが・・
優先順位の決定ができず、全ての事業に対しエネルギーを費やしてしまう
なかなか商売人は事業の優先結果を決定することができず、同時に限られたエネルギーで複数のことをやってしまう
それぞれが中途半端な結果で終わる
中小企業の場合、経営資源(人、物、金、情報)が限られているので、それを全ての事業に費やしても、各事業においては中途半端になり結果も出てきません
成果が挙がらず、マイナスとなる
それぞれが中途半端な結果で終わってしまい、利益がマイナスに陥ります
キャッシュが足りなくなり借入金過多に陥
キャッシュフローが回らず、キャッシュが足りなくなります。そのため運転資金の借入を行い借入金過多に陥る
倒産
負の循環が始まり、結局は倒産ということに

倒産するのは、経営者が諦めた時です

倒産の流れを伝えましたが、企業は簡単に、すぐには倒産しません

不渡りになれば全てが終わると思い込んでいませんか?

不渡りといっても2回続かなければ不渡りにはなりません。 たとえ2回不渡りを出したとしても、当座取引が停止されるだけであって、普通預金はそのまま継されます。
手形が使えないというだけで、入金や送金は可能です。

知っていれば、その後の対策をじっくり考える事が出来るのに、知らないばかりに闇の中に投げ出されたような気持ちになり、大きな不安で見えるものが見えなくなってしまうのです。

中小企業が倒産するのは、経営者が「もうだめだ」と諦めた時です。

会社というものは、そう簡単には倒産しないものです。 ほとんどの相談者は、諦めの境地で来社されます。

しかし、話を聞いてみると再生のチャンスはまだ残されている場合が少なくないのです。冷静に、足元に光を灯しながら、経営者と二人三脚で闇を抜け出す道を探すこと、これが事業再生なのです。

ご相談から再生までの流れ

ご相談

個別面談で事業内容や経営状態など、現在の状況を伺い、今後どう対処すればよいかをご提案させていいただきます。
相談者ご自身で解決が困難な場合、顧問契約をして頂き、事業再生請負人が実際に社内に入り、財務の再構築と事業全体の立て直しをスタート致します。

STEP
1

現状分析

個別面談で提出いただいた書類を基に、実際ご相談者の会社へ伺い、実際の状況を拝見します。
家族・親族などの関係もヒアリングして、緊急性の高い部分の対処スキームを作ります。

STEP
2

緊急対応

最も緊急性の高い資金繰りなどの対応をご提案し、可能な限り経営者と一緒に速攻で資金繰りの安定化を図ります。

STEP
3

再生スキーム構築

再生計画を明確にします。
資金繰り関係の財務リストラと、事業部門の事業リストラに関する事業計画をご提案します。

STEP
4

財務リストラ実行

資金的な危機状況を脱するための財務リストラを実行します。

STEP
5

事業リストラ実行

業務全般の事業リストラを実行します。
非採算部門の仕分け、従業員の意識改革なども実行します。

STEP
6

サポート

黒字化経営のための経営指導、講習なども定期的に行い、2次破たんを招かない100年企業に変革するためのお手伝いをします。

STEP
7

お申し込み前のご相談

貴社の状況、お悩み、疑問についてお気軽にご連絡ください。

これまでの実績・再生事例

木材の加工・仕入れ・販売会社の事業再生(企業再生)事例

連帯保証人、据置き(リスケ)交渉、セール&リースバックなど 今まで、事業再生と収益向上の利益を出すための経営手法という観点から説明をしてまいりました。これからは、机上の空論ではなく、日々我々が中小企業の借入金対策および収 […]

Read more
飲食店(居酒屋チェーン店)の事業再生(企業再生)事例

一年で再生の目処がたった珍しい事例 事業再生というのは非常に難しく、なかなか短期間で成功といえる状況に至るものではない。 通常3年はかかると見ている。 1年目は業練の悪化を食い止め、長年の問題であった膿を出し、事業改革、 […]

Read more
学習塾の再生事例

企業概要・相談時の状況 年の暮れの慌ただしい頃、知り合いの税理士から、顧問をしているA杜のオーナーから事業継続について相談を受けたとのことで、事業パートナーに対応依頼がありました。早速面談を行うため、オーナー宅に赴きまし […]

Read more
企属加工販売業の再生事例

再生スタートまでの経緯 株式会社事業パートナーは、企業経営の様々な問題や不安をお持ちの経営者に対し、個別相談を行い、その企業の抱えている真の問題点を洗い出します。 この個別相談では、特に企業の財務状況と事業再構築をメイン […]

Read more

実務、スキーム紹介

「選択と集中」、「PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)」による事業再構築の方法

選択と集中による再構築の進め方 選択と集中とは、自社の得意な事業領域を明確にし、経営の資源を集中的に投下する戦略です。 企業は人、物、金、情報の4つの資源を事業に投入することで営業活動を行っています。この資源を効率的に投 […]

Read more
債権回収会社(サービサー)を活用した事業再生

過剰債務に陥った企業の存続 日本の中小企業の数は400万社を超えています。その大多数は、攻めることに関しては力を発揮しますが、守ることに関しては無力といっても過言ではありません。実際のところ、昨今の経済環境の悪化により、 […]

Read more

【無料受付中】お悩み相談はメール・電話でお気軽にどうぞ

経営者の皆様を救うために私たち専門家がおります。
現在のご状況とどのようなことでお悩みになっているかを教えてください。

経営者様、税理士様からのご相談をお待ちしています。

お独りでむ必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。